油の摂取は腸内環境改善のためにならない

油の摂取は腸内環境改善のためにならない

腸内環境改善のために油物や油を摂取する事を控えた方が良いでしょうね。
油といっても、植物性と動物性がありますが、できるだけ控えた方が良いですし、摂取する場合も良いオイルを使用した方が良いと思いますよ。

 

そもそも何故油が腸内環境改善にならないかと言いますと、油が空気に触れると酸化しますよ。
酸化してしまった油は、悪玉菌を増やすと言われていて、悪玉菌が増えると当然善玉菌は減りますし、腸内環境が悪くなっていきますね。
ですから、腸内環境改善のためには酸化した油は摂らない方が良いのですよ。

 

油は空気に触れるだけではなく、加熱されても酸化する性質がありますし、腸内以外への悪影響もあるはずですよ。
酸化した油を摂取しないようにするために、できるだけ炒め物や揚げ物といった料理は食べない方が良いのですよ。

 

油の中でも質の良い植物性油もありますし、調理の仕方によっては、油を使わずに済みますので、食べ物に工夫して、腸内環境改善を目指して下さいね。